モネ美術館への寄贈

こちらのネコの置物は2017年11月のクリスティーズ香港のオークションに登場しましたクラウド・モネが愛した日本製の「ネコの置物」ですが数十年前に行方不明となり今回のオークションに登場したのです。(他にもう一点モネガーデンにありましたつぼもオークションに登場していました。)

オークション会場にはモネ財団の関係者も来ており何とかモネ美術館に戻したいとされていたようですが、主に中国人相手のオークションでもあり、だれも賛同しなかったようです。

たまたま他のこのオークションに参加するためにオークション会場に来ていました当社代表 和田が、このことを聞きつけ、「日本人の手でモネの元に戻してあげよう」となり
大激戦のすえ落札しその場で既知のオークショナーに「このままモネの元に戻してあげて下さい」と話し
落札者 和田のものには一時も行かず、所要金額を支払い香港からフランスのモネ美術館に戻っていきました。

これでモネもこのネコも安心して一緒にもとのように末永く暮らしていけるようになりました。

A glazed biscuit car

Japan,late early meiji period,19th century
The white feline lies curled up and asleep, its front paws tucked its chin.

32.8cm(127/8 in)long

モネ財団よりの感謝状
アートニュースでの報道




ページ上部へ戻る